ハートネットTVの「私の声を聞いてください―精神疾患の親と暮らす子どもたち―」を見ました。

日本全国には300万人以上の精神疾患の人がいるので、子どもを持って親になる人もたくさんいます。
しかし、そのような親を持つ子どもにとって、精神病であるということは、他の人には内緒になりがちで、問題を家族の中で、一人で抱えやすい構造になっています。

精神疾患の親を持つ子どもは、特に病名が知らされていない場合、親が何かあると自分が悪いのではと、自分のせいにしていまいがちだそうです。
病気という理由付けがないと、親対子どもしかいないので、自分のせいかもと思ってしまいがち。

しかし、やっと最近は「精神障がいの親とくらす 親&子どものサポートを考える会」のような活動が始まりました。
子ども同士で情報交換や気持ちの吐露の場所が持てる良い場だと思います。
これによって救われる人もいるはず。
今は津市での活動ですが、他の地方にも広まると良いなと思います。

また、「訪問看護」という家族と当事者を家族丸ごと見る仕組みもあるそうです。
医療は当事者を中心にすすめられるものと思いがちですが、家庭を訪問することにより、家族とのコミュニケーションも取れて、実例で出てきた方も随分と助けられているようでした。
家族支援の仕組みも、もっと評価され周知されるべきですね。

とにかく「誰にも言えない」という最大の苦悩が、解消されることを願ってやみません。

見逃した方へ:再放送は6月12日にあります。


番組中に登場した中村ユキさんの本。コミックだから活字が読みづらい人にもおすすめです。
とても分かりやすく統合失調症についての知識が身につきます。
病気のことは自分から積極的に知りに行かないと、ずっと知らないままになります。勉強しよう!

わが家の母はビョーキです わが家の母はビョーキです 2  家族の絆編 マンガでわかる!統合失調症

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 統合失調症へ
にほんブログ村 この記事が役に立ったらアヒルをクリックしてね
人気ブログランキングへ