brain
「自分は平均より優れている」と錯覚してしまう仕組みを解明したと、放射線医学総合研究所(千葉市)の研究チームが発表した。快感が高まったときなどに脳内で分泌される神経伝達物質「ドーパミン」の量が多い人ほど、錯覚を抑える脳の働きが弱かった。自信回復や、うつ症状の改善の治療法開発に役立つ可能性があるという。

脳科学:ドーパミン分泌で「自分は優秀」錯覚 うつ改善も- 毎日jp(毎日新聞) (読めないときは魚拓へ)

このニュースの放射線医学総合研究所のプレスリリースはこちらにあります。
実験の内容や図表など細かい情報を知ることができます。
「自分は平均より優れている」と思う心の錯覚はなぜ生じるのか ―脳内の生物学的仕組みを世界で初めて発見―

自分が平均より優れていると思う心理学的錯覚「優越の錯覚」は前から知られていましたが、その正体を捉えたのは、今回が初めてということのようです。

PETとfMRIという画像診断装置により、脳の働きの違いのせいだということが分かりました。

「錯覚」というと、マイナスのようなことに捉えられがちですが、優越の錯覚に関しては、無い方が厳しい心理状態におかれます。

人間が幸せな状態でいられるように、わざと錯覚するように作られているのだとしたら、自然の不思議を感じますね。

人気ブログランキングへ

いいね!ボタン押して下さい(ブログ村にランキング投票されます)