国の「障害者対策推進本部」という組織が作った「公共サービス窓口における配慮マニュアル」というものがあるのですが、今後の障害者施策の方向性を伺えるような内容になっています。

サブタイトルが「障害のある方に対する心の身だしなみ」となっており、当然身につけておくべきものとして書かれています。

平成17年発行と、ちょっと古いものですが、PDFがあるので今も直接見ることができます。

チューリップオレンジ 公共サービス窓口における配慮マニュアル-障害のある方に対する心の身だしなみ-

精神障害者がチェックすべきページは、9ページの(7)精神障害のある方、15ページの「応対における配慮」あたりです。

障害者というと、どうしても身体障害者に目が行きがちですが、このマニュアルでは、精神障害・知的障害・発達障害もカバーされていることが分かります。

もちろん、これはただのマニュアルであり、実行するかどうかは読んだ方次第です。
公共サービスの窓口には多種多様な方が訪れることもあり、実践の機会も多いのではないかと思います。
民間企業でも接客業などの業種では参考になりそうですね。

メンタルヘルスブログ 統合失調症
仲間を見つけよう!にほんブログ村
この記事が役に立ったらポチしてね
人気ブログランキングへ