140913_money_sxc_500
障害年金を受け取れることになりました。
厚生年金の2級です。

年金申請を出すまではとても長い道のりでした。
今年は障害年金申請を頑張ろうと決意して、社労士の先生にたどりつきました。

そこから諸々の準備をして、途中では診断書の書き換えをお願いしたり、追加で必要な書類が後で発覚して準備したり等いろいろありました。

それでも、途中であきらめないで良かったと思います。

私は在職中の稼ぎが良かったので標準報酬月額が高いため、年間で1XX万円くらい受け取れます。
また、過去5年分の遡及請求をしたので、その分もドカっと入ってきます。


障害年金はハードルが高いものであるという刷り込みをされてしまい、あきらめている人も多いかもしれません。
しかし、社労士などプロの方にお願いすれば確実に書類提出まで導いてもらえます。

せっかく障害者が救済される仕組みが国で用意されているのですから、遠慮せずに利用しましょう。

なお、年金事務所に電話をしてしまうと会話の記録を取られるので、あまりよく調べないうちにバカ正直なことを話してしまうと後々不利になる可能性もあるので、ある程度よく調べて、できれば社労士の先生と相談してみてください。

障害年金取得についての体験談など、また別の記事に書こうと思います。
追記:書きました↓

■障害年金について■
No.1 障害年金申請を考える時にまず確認したい事項
No.2 知っておきたい障害年金の3つの請求タイプ
No.3 障害年金申請で必要な「病歴・就労状況等申立書」のポイント
No.4 障害年金申請用の診断書が思っていたのと違う場合どうするか
No.5 おすすめ本「誰も知らない最強の社会保障 障害年金というヒント」


人気ブログランキングへ

いいね!ボタン押して下さい(ブログ村にランキング投票されます)