世代間で知っている知らないがすっぱり分かれそう。
いわゆる「赤チン」を知る世代は昭和40年代生まれまでの人のようです。

私は使ったことないのですが、私より年上の旦那は使ったことあるそうです。

私は「マキロン」世代です。
マキロンは1971年に発売され、赤くならなくて傷口にしみにくい(でも痛かった記憶が)ので、普及しました。

あと、赤チン(マーキュロクロム液)は水銀中毒の危険性が指摘されたために、市場から急速になくなりました。

Mercurochrome
photo by Justin Henry

Wikipediaによると、
『 日本では、製造工程で水銀が発生するという理由から1973年頃に製造が中止されたが、常備薬として求める声は多く、海外で製造した原料を輸入することで現在も販売されている。 』
とのことです。

どうもあの、塗って赤くなるのが「効果ある感がする」というのが愛用される正体のようです。

しみなくて水銀の危険性のないマキロンやその他新しい消毒液の方が良いように思えるのに、小さい頃の刷り込みというのはあるのですね。

人気ブログランキングへ

いいね!ボタン押して下さい(ブログ村にランキング投票されます)